0からの引越し
特集 単身で引越し
オフィス(事務所)の移転
全国引越し業者検索
引越し業者の選び方
引越しトラブル回避法
引越しの手引き
チェックシート
不要品を処分するには
荷造りのコツ
引越し豆知識
専門業者に依頼
ペットの引越し
ピアノの引越し
エアコンの引越し
車の引越し
引越しはがきを送ろう!
利用規約
 
   
荷造りのコツ


 
引越しで最も大変で大切な作業が、この荷造りです。
スムーズな荷造り・快適な新居での開梱のために、荷造りのコツを覚えておきましょう。

荷造りに必要なもの
   
  ダンボール・はさみ・カッター・ガム(布)テープ・マジック・新聞紙・エアパッキンなどが必要になります。
ハンガーBOXなど業者から借りられるものと、自分で用意するものを明確にしておきましょう。

ダンボールは、コンビニなどでもらえる場合も。新聞紙は食器をくるむ他、
隙間を埋めるためにも使うため、最低でも1か月分は捨てずに保管しておいた方が良いでしょう。

ダンボールの補強
   
 
ダンボールの内側をガムテープで補強しましょう。
四辺を互い違いにはめ込む組み立て方は絶対にやめましょう。
考えているよりも重たくなるダンボールは、持ち上げた瞬間に底が抜けることが考えられます。補強は入念に行いましょう。

目印をはっきり
   
  箱に詰め終わるごとに箱の表面に「箱の中身と、箱を置く部屋」を書いておきましょう。
部屋数が多い場合は、色分けをするなど工夫を。マークは必ず箱の上部と側面の両方につけてください。積み重ねたときに分からなくなったら意味がありません。 引き出しの中身は引き出しの段毎にまとめると便利です。

普段使わないものから優先的に
   
  シーズンオフの衣類や、普段は読まない本などから片付けていきましょう。
面倒な作業ですが、毎日少しずつでもいいので早めに始めましょう。この荷造りをきちんとしていないと、引越しの際や新居に入ってから非常に困ることになりかねません。

貴重品は自分の手で
   
  保険証などの貴重品、絶対に壊されたくないもの、なくしたくないものは、極力自分の手で運ぶことをオススメします。
ただし、貴重品などは絶対に肌身離さず持ち歩いてください。 当日は慌しい上、ドアを開けたままの時間がかなりあります。ばたばたした中で失くさないよう、気をつけましょう。

梱包しにくいもの、ワレモノは箱を閉じない
   
  大きな家具や鏡、ガラスケース、照明器具などは当日作業員さんが梱包してくれる場合もあります。見積りの時点で、明確にしておきましょう。
割れ物を何が入っているのかわからない形に梱包しておくのは危険です。上にモノをおかれたら困るものなども同様、そういうものは引越し当日まで蓋はしないで上部を開けておきましょう。

コードや電源は付箋をつけて本体に
   
 
パソコンなどの複数のコードがあるものには、ラグと差込口に同じ記号(番号やアルファベットなど)の付箋を貼ると、組み立て時にスムーズになります。
電源が取り外せるものはなくさないように、束ねた後でビニール袋に入れて本体に貼り付けておくようにしましょう。

パソコンやオーディオはエアパッキンで
   
  壊れやすいパソコンやオーディオなどは、エアパッキンでしっかり包んでおきましょう。
どうしても心配な場合は、自分で運ぶのも考えられますが、気をつけて運ぶようにしましょう。

チェックリストを作る
   
  引越しが終わって一段落…あの荷物がない!!なんてことにならないように、ダンボールの数などは全てチェックリストを作成し、搬送・搬入時に照らし合わせることを忘れないようにしましょう。
これは荷物だけでなく、届け出る書類などにも活用できます。BEST引越しガイドでは使いやすい引越しチェックリストを作成しました。ダウンロードページからどうぞ。
 


 
0からの引越し - Copyright(C) 0からの引越し All Rights Reserved. -