0からの引越し
特集 単身で引越し
オフィス(事務所)の移転
全国引越し業者検索
引越し業者の選び方
引越しトラブル回避法
引越しの手引き
チェックシート
不要品を処分するには
荷造りのコツ
引越し豆知識
専門業者に依頼
ペットの引越し
ピアノの引越し
エアコンの引越し
車の引越し
引越しはがきを送ろう!
利用規約
 
   
ペットの引越し
   
大切な家族の一員、片時もそばから離れて欲しくはないのは当然です。
しかし、ペットの種類や引越しの距離によっては、専門業者に任せたほうが良いことも。
可愛いペットが快適に引越しを出来るように、まずは最適な引越し方法を選んであげましょう。

マイカーで移動
   
  自家用車があり、ペットを乗せる十分なスペースがある場合には、家族と一緒に引越しをすることが出来ます。家族にとっても、常に自分たちのそばにいてくれるので安心かもしれません。ただし車酔いをする、温度変化に弱いなどデリケートなペットに関しては、あまりオススメできません。
 
 
● 車酔い対策
 
一緒に連れて行きたいけど、車に酔ってはかわいそう…大切なペットの負担を少しでも軽くしてあげたいものです。簡単に出来る対策をご紹介します。
   
・ 事前に少しずつ慣らす
  普段、車に乗らないと酔いやすくなってしまいます。引越しが決まったら、少しずつドライブの時間を長くして慣らしてあげてください。
   
・ 早めの食事と酔い止めを
  少なくとも車に乗る6時間前には食事を済ませるようにします。また、酔うことが分かっているなら、病院で酔い止めの薬を処方してもらいましょう。
   
・ ケージにいれて、窓を開ける
  実際に車に乗せるときは、安定するケージに入れて上げましょう。また、エアコンやタバコなどの臭いに酔ってしまうこともあるようです。窓を開けて、車内の空気が流れる工夫をしてあげてください。
   
・ 酔ってしまったら休憩を
  それでも酔ってしまったら、SAなどで休憩を取ってあげましょう。少し散歩をするだけで気分もずいぶんと変わるもの。車外に出るときは、必ずリードを手に持ってからドアを開けてください。
 

ケージにいれて、公共施設で移動
   
  盲導犬や介助犬はもちろん犬は小型であれば公共の乗り物に乗せることが出来ます。
猫や小動物(猛獣・ヘビなどを除く)、鳥等も手荷物として持てる範囲のサイズであれば乗車可能。
料金は各機関で変わってきますので、ご利用になる機関にお問い合わせください。
 
 
● 乗車するときは…
 
(1) ケージやキャリーケースに入れる
(2) 改札口などで乗車前にペット同伴であることを係員に告げ、料金を払う
(3) エチケットを守る(鳴いたり暴れたりするペットは乗車を断られることがある)
   
ケージやキャリーケースの寸法など各機関によって異なります。またペットの乗車ができない機関もありますので、詳しくは該当の機関にお問い合わせください。
 

業者にお願いする
   
  中にはペットを専門に取り扱う引越し業者があります。熱帯魚などのデリケートなペットの場合は専門業者に任せたほうが安心な場合も。見積りも行っているので、気になったらまずは相談してみましょう。

見積りを取る

まずは各社に見積りをお願します。最低でも、以下の7つは見積りを行う上で必要になってきます。
あらかじめ準備をしてから相談をしましょう。心配なところ、ペットの性格なども伝えておくと、業者さんも対処してくれるようです。

 
見積りに必要な主な項目
   
ペットの種類
   
性別
   
年齢
   
飼っている環境(室内・屋外など)
   
運送日時
   
お迎え(預かり)場所
   
送り先
   

保証内容、免責内容を必ず確認しましょう。また、輸送用のケージなどをレンタルできるかも聞いておくと便利です。
 
 




 
0からの引越し - Copyright(C) 0からの引越し All Rights Reserved. -
[link]  消費者金融  耐火金庫