0からの引越し
特集 単身で引越し
オフィス(事務所)の移転
全国引越し業者検索
引越し業者の選び方
引越しトラブル回避法
引越しの手引き
チェックシート
不要品を処分するには
荷造りのコツ
引越し豆知識
専門業者に依頼
ペットの引越し
ピアノの引越し
エアコンの引越し
車の引越し
引越しはがきを送ろう!
利用規約

引越しはがきを送ろう!

新居への引越しが終わったら、友達や知人に引越しはがきを送りましょう。新生活のスタートだから、自分らしい、素敵なはがきにしたいですね。ここでは、引越しはがきを作る際のワンポイントをアドバイスします。
引越しはがきは誰に送る?
少なくとも年賀状のやりとりがある友人、知人、会社の方、家族と親戚には送るようにしましょう。 見落としがちなのが携帯電話やメールのやりとりのみで、実際の住所がわからない方。メールで知らせてもよいのですが、はがきを出したい場合にはあらかじめ住所を聞いておきましょう。
いつまでに準備すればよい?
引越しはがきは、引越しが決まった時点であらかじめ準備しておくのがベスト。引越し直後は荷物の整理や住民票の移動など、さまざまな手続きに追われてしまいます。そうこうしているうちに時間が経ち、「引越しはがきを送り損ねた!」というケースが多々あるからです。できれば引越しを検討し始めた段階で、引越しはがきのデザインや文面を選んでおくとよいでしょう。
はがきを送るタイミングは?
引越し直前〜引越し後1ヶ月以内が目安です。ただし秋口以降なら、年賀状で引越しした旨をお知らせしてもよいでしょう。その場合は、その年の年賀状は旧住所から転送扱いで送られてきますので、到着が例年より遅れることを覚えておきましょう。 ちなみに、郵便物の転送期間は、郵便局に申し出た日から 1年間です。
はがきの内容は?
冗長な内容ではなく、分かりやすくシンプルにまとめるのがポイント。簡単な挨拶文と新住所、電話番号、必要ならば略した地図や、最寄り駅を記入してもよいでしょう。新住所に読みにくい地名があれば、ふりがなをふっておきます。 また、印刷されたはがきでも、余白に手書きのメッセージがあれば温かな感じがして良いですね。
もしもタイミングを逃してしまったら?
「それでもやっぱり、はがきを送るタイミングを逃した…」という場合は、インターネットを活用しましょう。メールアドレスを持っていれば、あいさつ文がすぐに送れます。とりあえず、どうしても連絡しなければならない立場の人にだけは、メールで通知しておけば安心です。 その他の方には、その年の年賀状、もしくは暑中見舞いでお知らせしましょう。
0からの引越し - Copyright(C) 0からの引越し All Rights Reserved. -